予備校選びのポイント|医学部へ進学したいなら予備校選びが大事!しっかり考えましょう!

予備校選びのポイント

握手する男性

予備校は金額が安ければ良いという訳ではなく、快適に勉強ができるかどうかをチェックする必要があります。そのためには快適な環境かどうか、スタッフの質も確認しておかなければなりません。校舎が汚れているけれど学費が安いので良いと決断した場合、勉強を始めたのは良いけれど集中できない、休憩中に安心して休めない可能性が出て来ます。自習室や教室、トイレや廊下をチェックした上で、改めて学費が適正なのかどうかチェックしてみてください。スタッフの質もチェックしなければなりません。特に説明会で質問をしても丁寧に対応をしてくれたか、それともぞんざいに扱われたのかによってもその後の勉強が快適であるかどうかが変わって来ます。スタッフの対応が悪い場合、教室、予備校全体の雰囲気が悪い可能性があるからです。

予備校の説明会では、特徴やカリキュラム、質疑応答や体験授業が行われるのが一般的です。利用金額や噂だけを鵜呑みにせず、この体験授業で予備校の雰囲気をきちんとチェックする必要があります。それから実際に勉強をする人はまだ未成年が多いのですが、説明会には一人で行くという人も少なくありません。親が同伴をするのは恥ずかしいと感じる年齢ではありますが、損をする可能性が出て来ます。基本的に費用は誰が出すのかと言えば、多くの場合、子供の両親となるので、親が同伴する事でスタッフの対応が良くなるケースも多いからです。それに料金や契約内容に関して子供ですと細かい部分で分からないという事も出て来るかもしれません。スタッフも親が居れば適当な対応ができず丁寧に対応をしてくれる可能性が高くなります。